遠山記念館

遠山記念館トップ>展覧会情報

展覧会情報

「雛の世界」

2024年2月3日(土)~3月10日(日)


【開館時間、休館日、入館料について】

開館時間:10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日・2月13日(火)(2月12日(月・祝)は開館)
入館料:入館料:大人 800円(640円)
    学生(高校・大学)600円(480円)
    ※中学生以下は無料 ( )内は20名様以上の団体料金
    ※障害者手帳をお持ちの方は ¥200割引となります。



江戸時代に開花した人形文化は、日本独自の雛人形を母体として、多種多様な人形を生み出してきました。本展では、雛人形を中心に江戸時代中期から昭和時代中期頃までの様々な種類の人形を展示し、日本の人形の歴史をたどっていきます。
高さが60cm以上もある大型で豪華な「享保雛」をはじめ、丸顔で愛らしい「次郎左衛門雛(立雛)」、江戸っ子に人気を博し、現代の雛人形のもととなった「古今雛」、高さが2~3cm程の「芥子雛」、明治天皇、皇后、儀仗兵、女官を表した「明治天皇御影雛」などの変わり雛の他、近代の名工と呼ばれる作家たちの雛人形などを出品いたします。
他にも嵯峨人形、御所人形、衣裳人形、賀茂人形、からくり人形、抱き人形、また厄除けや病除けなど健康を願って作られた各地の郷土人形も展示します。
併せて、遠山邸の大広間では、十畳の座敷いっぱいに飾られた「遠山家の雛壇飾り」もご覧いただけます。日本の人形が持つ魅力をご堪能下さい。



【主な出品作品】

・享保雛 江戸時代中期~後期 18-19世紀
・立雛(次郎左衛門頭)江戸時代中期~後期 18-19世紀
・古今雛 江戸時代後期 19世紀
・象牙雛 江戸時代後期 19世紀
・明治天皇御影雛 明治時代~大正時代 19-20世紀
・賀茂人形「狐の嫁入り」江戸時代後期 19世紀
・絹糸細工「犬」明治時代~大正時代 19-20世紀
・遠山家雛壇飾り(全体)大正時代 20世紀





享保雛 江戸時代中期~後期 18-19世紀

享保雛 江戸時代中期~後期 18-19世紀

立雛(次郎左衛門頭)江戸時代中期~後期 18-19世紀

立雛(次郎左衛門頭)江戸時代中期~後期 18-19世紀

古今雛 江戸時代後期 19世紀

古今雛 江戸時代後期 19世紀


象牙雛 江戸時代後期 19世紀

象牙雛 江戸時代後期 19世紀

明治天皇御影雛 明治時代~大正時代 19-20世紀

明治天皇御影雛 明治時代~大正時代 19-20世紀

賀茂人形「狐の嫁入り」江戸時代後期 19世紀

賀茂人形「狐の嫁入り」江戸時代後期 19世紀


絹糸細工「犬」明治時代~大正時代 19-20世紀

絹糸細工「犬」明治時代~大正時代 19-20世紀

遠山家雛壇飾り(全体)大正時代 20世紀

遠山家雛壇飾り(全体)大正時代 20世紀



展覧会年間スケジュール(PDF) 展覧会年間スケジュール(PDF)2024